【shell script】if文の書き方

2022.08.29

記事画像
みなさん、こんにちは エンジニアの高橋です。 本日はシェルスクリプトのif文の書き方について書いていこうと思います。 ▼ if文とは プログラムを実行する際に、if文を記載していれば、それに当たる条件式を評価し、結果が真(true、条件が満たされる)であれば直後のブロックを、偽(false、満たされない)であれば実行しない書き方です。 ▼ if文の記載方法 前回のブログの記事でお伝えしていた引数の数が指定の数送られてきているか確認するif文を描いてみましょう。 (https://fujiball.co.jp/recruitment/blog/72/) shell.sh ############################## #! /bin/bash if [ $# -eq 2 ]; then echo "引数の数は[2]です。" else echo "引数の数は[2]以外です。" fi ############################## ▼ 実行 作ったシェルスクリプトを実行してみましょう。 ############################## $ sh shell.sh one two 引数の数は[2]です。 $ sh shell.sh one 引数の数は[2]以外です。 ############################## ▼ 気をつけるべき点① 「[」もコマンドとなり、引数を受け取って「]」までの間を評価するものなので、条件式は必ずスペースを開けて記載して下さい。 ▼ 気をつけるべき点② 型が文字列の場合は「==」や「!=」などで評価できるのですが、型が数値の場合はオプションとして比較演算子を記載してください。 [ 数値1 -eq 数値2 ] ・・・ == [ 数値1 -ne 数値2 ] ・・・ !=、<> [ 数値1 -gt 数値2 ] ・・・ > [ 数値1 -ge 数値2 ] ・・・ >= [ 数値1 -lt 数値2 ] ・・・ < [ 数値1 -le 数値2 ] ・・・ <=

この記事を書いた人

高橋 希望

入社10年目の元不動産営業、現ゲームエンジニア 得意言語はphp,javascript,python,elixirなど