【shell script】引数ありのシェルスクリプトの実行方法

2022.08.07

記事画像
みなさん、こんにちは エンジニアの高橋です。 本日は引数ありのシェルスクリプトの実行方法についてお話したいと思います。 シェルスクリプトを実行する際に引数を使うことにより、より汎用的なシェルスクリプトを作ることができます。 ではどのようにしてシェルスクリプトに引数の値を渡すことができるのでしょうか? ▼ 引数の受け取り方 下記のような文字をシェルスクリプト内に記載することで特定の値を取得することができます。 $0 ・・・ 実行ファイル名 $1 ・・・ 1つ目の引数 $2 ・・・ 2つ目の引数 (これ以降は3,4...と続いていきます。) $# ・・・ 引数の数 $@ ・・・ 全ての引数 ▼ 引数を受け取るコード では実際シェルスクリプトを組んでいきたいと思います。 下記のようなシェルスクリプトのファイルを準備します。 shell.sh ############################## #! /bin/bash echo "実行ファイル名=" $0 echo "第1引数=" $1 echo "第2引数=" $2 echo "引数の総数=" $# echo "全ての引数=" $@ ############################## ▼ 実行 作ったシェルスクリプトを実行してみましょう。 ############################## $ sh shell.sh one two 実行ファイル名= shell.sh 第1引数= one 第2引数= two 引数の総数= 2 全ての引数= one two ############################## シェルスクリプトのファイルを指定した後にスペースを開けて引数を入力していきます。 そうすることでシェルスクリプトに引数の値を渡すことができます。 簡単にできますので試してみてください。

この記事を書いた人

高橋 希望

入社10年目の元不動産営業、現ゲームエンジニア 得意言語はphp,javascript,python,elixirなど