【linux】ディレクトリとその内容についてのお話

2022.09.25

記事画像
みなさん、こんにちは エンジニアの高橋です。 本日はlinuxの私がよく業務で使う(見る)ディレクトリについてお話していきたいと思います。 ▼ / (root) もっとも上位にあるディレクトリ。linuxのすべてのディレクトリたちのスタート地点。すなわち、すべてのディレクトリを絶対経路で表記する際にこのディレクトリから始める必要がある。 ▼ /bin 基本的なコマンドが格納されているディレクトリ。cat, pwd, cp, mvなど全てのユーザで実行可能なコマンドが入っていて誰だもアクセス可能。 ▼ /etc linux上で扱っているソフトの設定が入っています。(設定を変更されたら別のディレクトリになってしまいますが。。。)nginxやmysqlの設定など見たい際はひとまずこのディレクトリ内を探しにいきます。 ▼ /home linuxに登録されているユーザたちのディレクトリが/home配下に作られます。自分のみに必要なデータなどはこのディレクトリの自身の名前のディレクトリに保存します。 ▼ /tmp 一時的な作業の情報を保存するディレクトリ。システムの再起動で中身の情報が削除されるので扱いに注意 ▼ /usr linuxに登録されているユーザがそのユーザでのみ使用するソフトとしてインストールしたものがこちらに入ります。また自分で作成したコマンドなどは/usr/binなどに入れて使用します。 ▼ /var システムの運用などで生成される情報を保存するディレクトリ。 /var/logなどにいろんなログが入っている。

この記事を書いた人

高橋 希望

入社10年目の元不動産営業、現ゲームエンジニア 得意言語はphp,javascript,python,elixirなど