「M+」「M-」「MR」
記事画像
こんにちは、フジボウルの根岸です。 「M+」、「M-」、「MR」、みなさんは電卓でこれらのボタンを使ったことがありますか? 私は、ほぼ使ったことがありません。(ちなみにこのボタンの表記は端末により若干異なります) そもそも、このボタンは一体どういったものなのでしょうか? 簡単に説明すると 「M+」ボタン →表示されている数値を電卓のメモリーに加算します 「M-」ボタン →表示されている数値を電卓のメモリーから減算します 「MR」ボタン →電卓のメモリーに記憶されている数値を表示します といった動作をします。 つまり、一時保存のメモリー機能用のボタンですね。 この機能を利用すると例えば、 「2×2+3×3」といった計算がスムーズに行えます。 実際には、 2、×、2、=、M+、3、×、3、=、MRの順にボタンを押せばOKです。 これは、ちょっと慣れが必要そうですが、 今後、利用シーンがあれば使っていきたいですね。 利用する際は、計算前か計算後にもう一つのメモリー機能用のボタン「MC」を押して、メモリーに記憶されている数値の初期化を忘れないようにしましょう。

--------------------------------------------------
社員を募集しております!

リクナビNEXT
《前職給与保障★エンジニア還元率80%以上》プログラマ・SE

type
開発エンジニア◆前職給与保証◆月給35万円~◆年休128日◆原則残業なし◆toC/Web系案件多数◆Web面接1回可

社員のゲーム実況チャンネル
$fugaのゲーム実況
この記事を書いた人
投稿者画像
根岸 聖司
部長、システムエンジニア
関連する記事