フジボウルはプログラマ育成を通じて、雇用を創出し、社会に貢献することを経営理念としております。

私自身、大学卒業後、会社員としてプログラマを3年経験しました。 1年目には自分はプログラマには向いていない、プログラマを諦めようかと会社のトイレで涙することもありました。 しかし2年目に入り、とても優しく丁寧に教えてくれる上司と同じプロジェクトになりました。 その方のおかげもあり、3年目にはプロジェクトリーダーを努めるまでに成長することができました。

3年間の会社員生活で私が痛感したのは、教育者によって成長の速度がまったく違うということです。 後に独立する人間が、環境によってはその道を諦めてしまうところだったということです。

その後会社員として物足りなさを感じた私は、自分の看板を掲げて全て自分の責任で仕事をしたい、という思いで独立を決意しました。 そして会社を作るからには成長しやすい雰囲気のよい会社、人間関係で無駄なストレスを抱えなくてよい会社を作りたいと強く思いました。

現在も設立当時と変わることなく経営できていると自負しております。

これからもフジボウルを通して社会へ貢献していき、経営者として新たな挑戦をしていきたいと考えております。

代表取締役
藤岡 貴士